ページトップへ戻る
  • リスク回避とコストカット!小規模事業所向け【口座振替収納代行サービス】をほのぼのGO特別価格で提供中
  • 読み物
  • リスク回避とコストカット!小規模事業所向け【口座振替収納代行サービス】をほのぼのGO特別価格で提供中

リスク回避とコストカット!小規模事業所向け【口座振替収納代行サービス】をほのぼのGO特別価格で提供中

2020年3月2日 おすすめ お知らせ コラム

リスク回避とコストカット!小規模事業所向け【口座振替収納代行サービス】をほのぼのGO特別価格で提供中

未回収リスクを大幅に削減できるうえに、集金の手間を省くことができると評判の口座振替収納代行サービス。でも、大規模介護事業所向けのサービスだと諦めていませんか?

ほのぼのGOで提供中の口座振替収納代行サービスは、小規模事業者様にこそ使っていただきたい、安価かつ安心なサービスです。

口座振替収納代行サービスとは?

集金にかかる手間と時間(人件費)、さらにさまざまな理由から遅滞発生や回収できないリスクを抱える、介護事業所の利用料金。これを口座振替によって金融機関から確実に回収し、事業者への入金を代行するサービスです。

一般的にこのサービスは、手数料見合いから例えば「月100件以上発生」の場合に限っての契約となっているケースが多いため、ある程度の規模を持つ介護事業所である必要がありました。

現金での集金により起こりうるリスク

小規模事業所では前述の制限からいまだに現金での集金を行っているところが多数あり、以下のようなリスクを抱えたまま運営されている実態があります。

・未払い、回収遅延

・未回収に対する督促などに多くの時間と手間を取られる

・利用者にとっても支払いが面倒

b9c6437c0e8f6f87fcca08a597f52740_s

口座振替のメリットとデメリット

口座振替収納代行サービスをもし利用できれば、上記リスクを回避でき、請求業務に関わる作業量が減り、利用者様の手間もかからなくなるため利用率の向上も見込め、人手不足解消と経営黒字化の効果も期待できますが、もちろんデメリットも発生します。

そのデメリットの第一は、「手数料」です。

多くの口座振替収納代行サービスでは、初期費用や請求一件あたりの手数料が非常に高額なうえ、毎月の請求発生件数が一定数以上でないと契約ができないケースが多くあります。

また、利用者が使える金融機関に制限がある場合も。

ほのぼのGOの口座振替収納代行サービスなら!

小規模介護事業所が、利用したくても制限やコストの面から断念したり断られていた口座振替収納代行サービス。ほのぼのGOなら一気に解決します。

・月1件の請求からでも利用可能、請求のない月は手数料無料

・ほのぼのGO会員特別価格でご提供(1件あたり80円)

・全銀行フォーマット対応により利用者の利便性を確保

その他、コンビニ支払やペイジー、クレカなど様々な商品も。

2020-03-01

件数が少ない小規模介護事業所でも、圧倒的低価格で口座振替収納代行サービスを利用することが可能になりました。

まずはお問合せください!

 

口座振替収納代行サービス紹介ページ

お問い合わせはこちらから。